ペニス増大サプリ副作用国産

どこまで小さいと「短小」なのか

 

 

ペニスのサイズが小さいことを一般的には「短小」と呼ぶことがあります。では自分のペニスは果たして短小なのかどうか、これは気になるところです。ほかの男性のペニスをしげしげと眺めて比べることはおそらくほとんどないでしょうから、自分のペニスのサイズはどうなのでしょう。また、比較することができないために、もしかすると自分は短小なのではないかと思ってしまう人も多いかもしれません。

 

実はこの短小、どの程度のサイズからそうなるのかということについては実ははっきりとした定義があるわけではありません。ただ、日本人であれば12〜15センチ前後が勃起をした際の平均サイズといわれています。こうした事情を考えると勃起をしていても10センチに満たないということであればいわゆる短小ということになるかもしれません。

 

とはいえ、勃起しているペニスというのはセックスをしていても相手にみられるということはほとんどありません。また、温泉や銭湯でも勃起した状態のペニスを見ることもないでしょう。短小とは、あくまでも通常時ではなく勃起した状態のサイズのことをいいますので彼女やパートナーにサイズが小さいことを指摘されない限りは特に気にする必要はないでしょう。

 

それでも短小ということで自信がない、ということであれば普段からペニス増大法を実践してみましょう。ペニス増大のためのトレーニングや手術、器具、サプリメントやマッサージなどがあります。こうした中で自分にとって最適な方法を探すようにしましょう。

 

ペニス増大を目指すなら食生活を改善しよう

 

ペニス増大に関して重要なことのひとつに「食生活の改善」があります。まず注意したいのが、「ペニス増大を阻害する食べ物」を避けるという点です。たとえば油が多く含まれているスナック菓子は代謝を低下させ血行不良の原因を引き起こします。ペニスに対しても栄養や血液の供給を悪化させる要因となりますのでできるだけ食べないようにしましょう。

 

また、たばこを吸っている人の場合は禁煙をしましょう。喫煙は毛細血管の収縮する原因となりますのでこちらも血液の供給低下につながります。ペニス増大には食生活や生活習慣が大きく関係してきますので、まずは生活習慣を見直したうえでペニス増大に効果的な栄養素を取り入れるようにしましょう。ペニス増大に効果的な成分としては、亜鉛やアルギニン、L-シトルリン等が挙げられます。

 

このうち亜鉛はココアや牡蠣に多く含まれており、アルギニンは大豆やチョコ、鶏肉、乳製品から取り入れることができます。そして、L-シトルリンは、メロンや瓜、ゴーヤ、スイカに多く含まれています。アルギニンはともかくとして、この他のL-シトルリンや亜鉛が含まれている食べ物を普段から食べているという人は決して多くはないでしょう。

 

ペニス増大のために大切なことは、アルギニンだけでなく亜鉛やL-シトルリンといった成分もバランスよく取り入れることにあります。食事だけでこれらの成分を補うことが難しいということであればサプリメントを補助的に利用するといった方法もおすすめです。

 

サプリメントでペニスを太くできるか

 

陰茎に対して何らかのコンプレックスや悩みを抱いている人はたくさんいます。こうした人からすれば、ペニス増大ができるサプリメントというものはかなり気になるのではないでしょうか。

 

サプリメントを取り入れることでこうした悩みが解消できるのであれば試してみたい、そう考える人もいますが逆にその効果に対して疑念を抱いているという人も多いものです。ペニス増大サプリの副作用についての効果があるかどうかについては、専門家によってその意見は異なります。

 

とはいえ、実際にペニス増大サプリメントの効果があったという人もたくさんいます。逆にペニス増大サプリメントを試した人の口コミで「効果がない」と否定している人も少なくありません。

 

ペニス増大サプリメントは、どんなものであっても販売できるというわけではなく、厚生労働省から認可を得て初めて販売することができます。当然ながら厚生労働省の審査では作用や成分についても一定の審査が行われます。

 

現在市販されているペニス増大サプリメントは、厚生労働省の審査をクリアしているため、その効果についても全くないというわけではありません。もしも効果がないということであれば、サプリメントの販売に対して厚生労働省も認可を出すことはしません。

 

もともと悪質なサプリメントが世に出ることを防ぐために審査を行っていますので、国としての信頼にもかかわってくるからです。もちろん効果がないサプリメントは、インターネットであっという間にそのことが広まってしまい購入する人も少なくなってしまいます。悪質なサプリメントを販売することはメーカーとしてもイメージダウンにつながりますので何のメリットもありません。

 

ペニス増大サプリメントはペニスを太くする有効成分が配合されており、この「有効成分」についてもしっかりとした研究の末に優れた信頼性が確認されたものとなっています。

 

亜鉛は発毛・育毛に有効か

 

*の成長にも亜鉛は必要不可欠
脱毛や薄毛に悩まされるのは主に男性、といったイメージは強いかと思います。しかし、最近では男性のみならず、女性にもそれら髪にまつわる悩みを抱える方が増加しています。人間の頭には、約10万本の頭髪があります。頭髪は3つのサイクルを以下のように繰り返しています。

 

成長期
毛母細胞が分裂を繰り返す時期です。毛母細胞は休止期と呼ばれる期間になくなってしまうのですが、成長期の初期になると、その毛母細胞は角化しながら髪になります。それが、伸びながら表皮へと向かっていきます。成長期の後期になると毛幹部分は頭皮から突き出し、かつ長く、太くなっていきます。

 

成長期の期間は比較的長く、男性で約3〜6年、女性で約4〜8年です。毛根には多くの亜鉛が含まれています。そのため、毛根における亜鉛が不足してしまうと、毛髪の成長が鈍化してしまいます。

 

亜鉛は、健康で順調な育毛や発毛を促すためには必要不可欠な栄養素であると言えます。頭髪全体の約85%は、成長期の期間にある毛となります。

 

退行期
メラニンの合成を行っていた色素細胞がその働きを止め、内部の細胞がやせ細っていく時期です。毛母細胞は成長期には分裂を繰り返し、髪を成長させていましたが、退行期に入ると急速にその増殖スピードを落とします。

 

そして、表皮に向かって毛球部分が動き出し、少しずつ小さくなっていきます。毛球部分には毛乳頭や毛母細胞が含まれています。退行期の期間は2〜3週間です。特に性別による差は見られません。

 

休止期
髪の成長が完全に止まってしまう時期です。また、休止期に入った髪の下には新しい髪が控え、成長期に入るのを待っています。休止期にある髪の毛は抜けやすい状態です。ブラッシングやシャンプーなどの際、力を込めて引っ張ったりしたわけでもないのに簡単に抜けてしまう髪は、多くの場合、休止期のものです。

 

髪の「質」も発毛・育毛においては重要
細胞分裂や再生は、亜鉛が不足するとスムーズに行うことが難しくなります。成長期にある毛髪は、1ヶ月でおよそ1〜1.5cm伸びるとされています。その成長は、毛根(毛球)の栄養状態に大きく左右されます。毛根は亜鉛を多く含んでいます。

 

毛根の状態を良好に保ち、毛髪をスムーズに成長させるためには、亜鉛は必要不可欠です。せっかく育毛や発毛が正常な状態を保てているのに髪の毛が弱いものであっては残念です。

 

また、髪の毛の新陳代謝のみならず、その「質」にも亜鉛は関与しています。毛髪の表面は、クチクラと呼ばれるうろこ状のものでおおわれています。クチクラには摩擦のような刺激から髪の毛を保護する働きがあります。

 

クチクラは、亜鉛が不足するとスムーズに生成できなくなります。そのため、髪の毛は切れやすい状態となってしまいます。亜鉛をしっかりと日常的に摂取することで、質の良い、丈夫な髪の毛を手に入れましょう。

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2018 ペニス増大サプリに副作用ある?国産選べば大丈夫! All Rights Reserved.